メニエール病にならないためにはどうすればいいでしょう。

メニエール病にならないためにはどうすればいいでしょう。

メニエール病にならないための注意点があります。

食事では規則正しい食生活をし偏食は避けましょう。

一部では塩分の取りすぎはメニエール病の発作を誘発する恐れがあるといわれているので、水分と塩分を控えることをお医者さんから進められることもあるのでお医者さんから言われたら従うようにしましょう。

睡眠についてはめまいは夜更かしをすることによりおこることが多いので、規則正しい生活をし睡眠はしっかりとるようにしましょう。

時には睡眠薬や安定剤が処方されますが、長期間の服用は避けるようにしましょう。

運動も健康のためには適度に運動することの必要です。

ラジオ体操や軽いジョギングなどで十分だと思います。

ストレスをためないように適度な運動はするようにしましょう。

また、運動するときは医師の診断の元、了解をとってから運動することが大事です。

仕事に関してもめまいなどの症状が起きなければ普通に生活できるのですが、突然めまいが起こると仕事どころではなくなります。

会社の人のはメニエール病の理解をしてもらうようにしておきましょう。

メニエール病になってしまったらどんなことに注意が必要でしょうか。

まず、趣味を持つのはいいことです。

ストレス解消になるし、そのことに集中しているとストレス解消になるし楽しいことをするのはいいことなのです。

映画を見たり、音楽を聴いたり、スポーツをしたり自分が楽しいと思える趣味を持つことはメニエール病にとってはとてもいいことです。

ただし、根をつめすぎたり長時間続けるとストレス解消どころか逆に体調を崩してしまいかねないので気を付けるようにしましょう。

コーヒーも心臓の働きを強め、利尿効果があります。

コーヒーの香りは気持ちを落ち着かせ集中力を高める作用があります。

飲むことによって気持ちが安定するのであれば飲んでも構いませんが、逆に飲みすぎると興奮したり、利尿効果が表れ夜中に何回も目が覚めてトイレに通うといったことになって睡眠が十分にとれず、生活のリズムを崩し、ストレスがたまってしまいます。

メニエール病にとってアルコールもですが度を越すことなくなんでもほどほどにしておくことが大事です。